電話でのお問い合わせ 050-5810-3978050-5810-3978

撮影スポット沖縄ロケーション撮影

撮影スポット

撮影スポット

chillma Resort

地図

プライベートビーチ

沖縄本島北部に、古宇利島を望む美しい静かなプライベートビーチが広がります。最高の景色が撮影出来ますので、沖縄でロケ地をお探しの方や、絶景のビーチで撮影したい方におすすめです。雑誌、写真集、広告、テレビのロケ地としてご利用下さい。

  • 古宇利島を望む最高のロケーション

    真っ白な砂浜のプライベートビーチに下り立てば、エメラルドグリーンからコバルトブルーへと変わる美しいグラデーションを魅せる美ら海が目の前に広がります。遠くには古宇利島が浮かび、素晴らしい景観を撮影出来る最高のロケーションです。
    外界から切り離されたプライベートビーチは、静寂の中、波の音が心地よく響きます。夢のような美ら海の景色の中で、誰にも邪魔されず思う存分ロケに集中して頂けるのです。目を見張るような南国の海をバックにしたラグジュアリーな空間で、理想通りの撮影が叶います。

  • 緑豊かな遊歩道

    濃い緑に囲まれたchillmaは、海だけではなく、ほれぼれするような緑の木々の中で撮影することも可能です。緑に囲まれた小路を歩けば、美しい海岸が広がります。白い砂浜と碧い海と濃い緑。美しいコントラストが待ち構えています。
    豊かな沖縄の自然に囲まれてリラックスして撮影すれば、思い描いた通りの出来栄えに納得出来ること間違いありません。しっとりとした雰囲気の撮影も素敵ですし、南国のフルーツを持って明るく楽しい撮影もおすすめです。

  • 高台から望む美しい景色

    沖縄本島の中で、最も海が美しいと言われる北部。古宇利島まで澄み切った美しい海が広がる絶景を撮影出来るのが、今帰仁村の海辺に佇むプライベートヴィラchillmaです。今帰仁村の高台から見渡す美しい景色。豊かな自然があふれるやんばるの地をひとり占めするような錯覚に陥ります。プライベートビーチでのロケも素敵ですが、少し離れた場所から見下ろしての撮影も沖縄の海が映えることでしょう。

インフィニティプール

沖縄本島北部の今帰仁村にひっそりと作られたインフィニティプールは、水平線まで見通せる絶景と溶け合った、まるで海外リゾート地のような風景を撮影することが出来ます。雑誌や写真集、テレビ撮影などにおすすめです。

  • インフィニティプールについて

    沖縄本島北部の今帰仁村にひっそりと作られたインフィニティプールは、バリのヴィラをいくつも見学し、長年の実績を持つ業者に施工のノウハウを教わり、資材や設備をバリから調達して作られています。1ミリでもずれると、水のベールの雰囲気が変わり見え方が変わって来てしまうため、細部にまでこだわり、慎重に作られました。その結果、心が揺さぶられるような美しい宝物のような風景をお楽しみ頂けます。
    プールサイドの光景も、絵になる美しさ。思い通りのロケが可能です。

  • 海と溶け合い水平線まで続く絶景

    弓形のインフィニティは、海と同じエメラルドグリーンにそまった美しいプールです。珊瑚が美しい美ら海と溶け合い、古宇利島へ続く水平線までプールが続いているような錯覚を覚えます。
    インフィニティプールとは、手すりなどが設置されていないプールのことです。視界を遮るものがないため、海が一体になったような錯覚を与えます。さらにchillmaでは風景とプールを溶け込ませるために、あえて水のベールで海側の淵を消し、絶景をお楽しみ頂けるよう工夫をこらしています。
    海外の絶景スポットではインフィニティプールは定番ですが、実は沖縄にはあまり作られていません。ロケ地としてぜひご利用下さい。

  • 日没のインフィニティプール

    青い空の下、エメラルドグリーンに輝くインフィニティプールは清々しいほど健康的な美しさを放っていますが、夕暮れ以降は、大人の雰囲気にあふれます。
    エメラルドグリーンが宵闇色に染まっていく。一刻と表情を変えるその姿に、目が離せるわけがありません。夜の月に照らされたプールも幻想的です。昼間とは全く違う雰囲気を魅せるプールと古宇利島へと続く海。ロケ地として最高の光景が広がっています。

レセプション棟

沖縄本島北部の今帰仁村。人工物のない道をただひたすら進むと、突然視界が開けます。美しい海が広がるプライベートヴィラchillmaが、最初に皆様をお出迎えする場所がレセプション棟。南欧風の建物の趣は、ロケ地としても使えます。

  • 暖かみを感じるおしゃれなバーカウンター

    レセプション棟には、受付やおしゃれなバーカウンターが設置されています。お世辞にも広いとは決して言えない、狭いバーカウンターではありますが、こじんまりしている分、おしゃれでありながらも、ぬくもりを感じる居心地の良いアットホームな雰囲気が漂います。撮影に使うと良い雰囲気が出せるでしょう。地階からの撮影も、上階からの撮影も、どちらもおすすめです。

  • 階段を上がると・・・

    レセプション棟には、共有で自由に使えるパソコンや書籍・雑誌などがあります。これらのものは自由にご使用して頂いてかまいませんので、ロケの最中にパソコンが必要になった時などにもとても便利です。
    このリゾートヴィラは、バリのウブドにあるリゾートホテルをイメージして建てられました。職人をバリまで連れて行き、こだわりを持って建てられています。

  • レセプション棟から見る最上の景色

    レセプション棟からは、思わずカメラのシャッターを切りたくなるような素晴らしい景色を見渡すことが出来ます。エメラルドグリーンに輝く海と、海の先にある浮かぶ古宇利島。ずっとここに立ち止まって絶景を見続けていたい思いにかられます。窓に映り込む景色を背景にしての撮影はいかがでしょう。

ヴィラ

chillmaの建物は、風景に馴染むよう赤土を混ぜた土で外壁の色を何度も塗り直して整えられています。主張しない建物は、まるで自然の一部のよう。こだわり抜いて作られた南欧風の建物やその内観をロケ地として利用してみませんか。

  • ラグジュアリーな小さな楽園

    アースカラーのおしゃれなエントランスから入ると、ゆったりと過ごせるリビングがあり、大きな窓からは輝く美ら海や、海の向こうに浮かぶ古宇利島をお楽しみ頂けます。宿泊用の部屋は4タイプあり、どの部屋もバリ風の非日常な空間が広がります。目の前には海がひらけ、まるで海外リゾート地にいるよう。贅沢をこらしたラグジュアリーな空間は日常を忘れさせてくれる、まさに小さな楽園と言えるでしょう。テラスからの眺めは最高に気持ちがよく、特に朝の光を浴びた沖縄の美ら海は神々しく見えます。
    リビングでくつろいでいる姿だけではなく、テラスではしゃいだり、まったりとしている恋人や家族を撮影するのに最適なシチュエーションです。

  • バリ風のインテリア

    ヴィラは外観も内観もバリ風で統一しています。センスの良いインテリアは、撮影にも使いやすいのではないでしょうか。まさに南国のリゾート地を実感させられる部屋となっており、ご宿泊頂くお客様方にもとても好評です。暮らすように滞在出来るchillmaでは、充実したキッチンや洗濯機など、日常生活で必要な物をおしゃれに配置。どの角度から撮影しても、写真映えすること間違いありません。

  • 浴室から見る美ら海

    ビューバスからも、沖縄の美しい景色を一望することが出来ます。撮影にもご利用頂けますし、ロケ終了後に一泊して帰られるなら、撮影疲れを優しく癒してくれることでしょう。せわしない日常から隔離された、ラグジュアリーな空間をロケ地として探している方がいらっしゃれば、ぜひお気軽にお声をお掛け下さい。

周辺

沖縄本島北部にある今帰仁村は、豊かな自然が広がる美しい場所。プライベートヴィラchillmaの周辺には、様々な撮影スポットがあり、ロケ地に不自由することがありません。雑誌や写真集、広告、テレビなどのロケにおすすめスポットをご紹介致します。

  • 古宇利大橋

    古宇利島付近の海は透明度が高く澄み渡っています。そんな澄んだ海の上にかかる橋が古宇利大橋です。橋の両側がコバルトブルーに輝く美しい海。まるで海の上を走っているような錯覚を覚え、絶景ドライブスポットとしてとても人気があります。
    橋から見る景色も撮影に使いたくなるような景色ですが、古宇利大橋へとかかる石造りの橋もロケ地としておすすめ。屋我地島側の橋の付け根に駐車場があり、定番の撮影スポットです。
    また、古宇利島自体にも撮影スポットがたくさんあります。美しいビーチ、ハートの形に見える岩、素朴な風景、白い石垣、サトウキビ畑。この島全体をロケ地にして駆け回りたくなることでしょう。chillmaでのロケ翌日は、古宇利島を周ってみるのもおすすめです。

  • 今帰仁城跡

    世界遺産の1つ、今帰仁城跡。標高100メートルの場所にあり、堅牢な城壁に囲まれ、やんばるの地を守っていました。今帰仁城跡で一番景観が素晴らしいのは北端です。今帰仁村全域を見渡すことが出来るのはもちろんのこと、伊平屋・伊是名の島々や国頭の山並麓の景色も美しく、さらに晴れた日には与論島まで見通せます。
    今帰仁村は、日本で一番早く桜が咲くエリアとしても有名で、今帰仁城跡の桜はとても美しく、桜の名所としても有名スポットです。1年中人気のロケ地ではありますが、桜色に染まる季節は特におすすめ。
    【撮影・メディア掲載等に関するお問合せは】

  • 備瀬のフクギ並木

    碁盤の目のように区画された備瀬地区は、住宅のほとんどがフクギの屋敷林に囲まれています。実はフクギは昔から沖縄の防風林として使用され、集落を守ってきたのです。濃い緑のフクギの並木道は、昔から続く集落の姿を現代に伝えてくれる美しい景色で、ロケ地としてもおすすめ。水牛車も走りますので、これもまた素敵な撮影をするポイントとなりそうです。
    どこまでも続く並木道は、夏の暑さをしのいでくれるため、ロケも楽に感じることでしょう。また、横へ抜けると一面に海が広がり、心地良い景色にカメラのシャッターを切る手が止まらなくなりそう。ゆったりとした時間の流れの中で、撮影に没頭することが出来ます。